大手脱毛サロンのミュゼではS.S.C.法という脱毛法を採用しています。大手でこの方法を採用しているのはミュゼと脱毛ラボになりますが、他のIPL法とはどう違うのでしょうか。
通常、エステで行われるのは光脱毛、つまりフラッシュ脱毛という方法です。黒い色に反応する光を利用した方法です。毛の元となる毛母細胞が光のターゲットとなり、熱ダメージを与えて毛を生えてこなくするというのが原理です。脱毛部位に光を照射するだけと簡単にお手入れができるのです。
S.S.C.法とIPL法はどちらも光脱毛ですがその違いは何かというと、使用する光やジェルなどの違いです。
ミュゼ小倉店で使用されているS.S.C.法では、クリプトンライトという光と特殊なジェルの相互作用を利用した脱毛方法です。ジェルのおかげで肌へのダメージが少ないだけでなく、含まれる美容成分のおかげで脱毛と同時に美肌効果も期待できるのがS.S.C.法です。
ILP法は毛のメラニンに反応するインテンス・パルス・ライトという光を照射して、毛母細胞を破壊する方法です。こちらも照射前にジェルを塗ることが多いですが、効果を強めるためではなく、保湿と冷却、それに伴う痛みの軽減が目的です。ただ、医療レーザーに比べれば肌への負担は少ないので、肌トラブルへのリスクはさほど強くはありません。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。